トラックドライバーに興味がある方へわかりやすい情報

トラックドライバーに興味がある方へわかりやすい情報


トラックドライバーの仕事とは

トラックドライバーという職業は、日本の物流を支えている重要な職業です。日本経済を回しているのは、トラックドライバーといっても過言ではありません。全国民の暮らしに、喜びと安心をもたらします。

トラックのさまざまな種類

トラックにはさまざまな種類が存在します。

・貨物や荷物を運搬する大型の10tトラック
・複数のコンテナを運搬するけん引トラック
・土砂などを運搬するダンプトラック
・石油や化学薬品などを運搬するタンクローリー
・普通乗用車を運搬するキャリアカー
・8t未満の中型トラック
・2t以下の小型トラック

このように、トラックには大型のものから小型のものまでたくさんの種類が活躍しています。

トラックドライバーになるための必要な免許

トラックを運転するためには、それぞれの種類に合わせた運転免許が必要になります。8t以上のトラックには、大型自動車第一種運転免許。さらにけん引トラックを運転するには、けん引自動車第一種運転免許も必須になります。タンクローリーになると、運搬するものによって取得する免許が変わりますが、危険物取扱者免状や高圧ガス移動監視者の免許も必要不可欠です。8t未満から2t以上になると、中型自動車運転免許や準中型自動車運転免許が必要になります。ちなみに、消防自動車の大型ポンプ車やはしご車も大型自動車第一種運転免許が必要です。

トラックドライバー求人の選び方

求人の選び方としては、給料の面もそうですが自分の生活スタイルに合った勤務体制のところを選ぶとよいでしょう。始業時間が早朝からだったり、夜遅くからだったりするところもあります。この仕事を長く続けるためには、体に負担のかからないよう健康面にも気を配りながら働くことが肝心になります。

トラックドライバーの求人にも、長距離ドライバーの仕事や宅配便の仕事など色々な種類があります。特に人気なのは、普通免許でも仕事ができる配送ドライバーの仕事です。

Previous post 外資系企業へ転職するメリットとデメリット